CFD取引とは

CFD取引ガイド

CFDとはContract For Differenceの略語であり、差金決済取引のことを指します。

CFDには個別銘柄株式に連動するものや日本国内外の株式指数、原油や金といった商品価格に連動するCFDなど様々な投資対象商品があり、これらの商品を差金決済する取引がCFDと呼ばれるものなのです。

なお、差金決済とは投資対象となる資産を実際に保有することはなく、取引が終了した時に売買した価格の差額(差益・差損)だけをやり取りして終了する取引の事を差金決済と言います。
[an error occurred while processing this directive]
トップページに戻る